シロアリの発生予防

シロアリの生態と予防方法

シロアリは、5ミリ〜10ミリほどの大きさの羽の生えた害虫です。アリとよく似ていますが、羽があることが大きな特徴であります。シロアリは、湿った場所、腐食した木材を好みます。そのため、家屋の床下などで繁殖することが多いです。食外されると、その木の部分は倒壊され、住宅の倒壊にも繋がるので注意が必要です。新築の家でも安心はできません。シロアリは、新材を好む種類もいるからです。床下から離れた屋根裏などでも発見される場合があります。また、木材を好むため、木造住宅は被害が最大きくなる危険性があります。予防のためには、床下の風通しを良くしたり、土の部分を薬剤で処理しておくのが効果的です。住宅を新築する場合、あらかじめ予防しておくのが効果的です。

シロアリ駆除をするためには

シロアリは春先に発見されることが多いです。見つけたら、速やかにシロアリ駆除することが大切です。シロアリ駆除の方法は、いろいろあります。最近では、効果が半永久的な床下調湿材というものがあり、床下の湿気を調節してくれます。また、床下の風通しを良くするために換気扇を設置する方法もあります。これは、電気代や設置代がかかるので、業者と相談したほうが良いです。シロアリ駆除は自分でも出来ることもありますが、専門の業者にお願いしたほうが良いでしょう。自分で駆除するとなると、隅々まで出来ないことも多く、結局は中途半端な駆除になってしまいます。安心安全にシロアリ駆除をするためには、正しい知識と適切な業者が必要なのです。